出会い系サイトは決して危険ではない理由とは

私は20代前半の頃に異性との出会いが全くなく、このままではずっと独身で終えそうだという危機感を持ったことから、少しでも異性との出会いのきっかけを作ろうと思ってある出会い系サイトに登録していました。

結果としては結婚できそうな相手と出会うことはできませんでしたが、出会い系サイトは決して危険なものではなく、相手を選べばトラブルには巻き込まれないということがわかりました。

私が登録することにした出会い系サイトとは

私が出会い系サイトを利用していた頃、出会い系サイトは全盛期を迎えていました。

一口に出会い系サイトといっても、誰もが知るような大手企業が運営するようなところから、アダルト色の強いものまでさまざまでした。

私としては将来結婚をも視野に入れられるような相手に出会いたいと思い、大手IT企業が運営する出会い系サイトに登録することにしました。

この出会い系サイトは有料でしたが、運営母体が信頼できるということと有料でも月々300円程度だったということもあって、この出会い系サイトを選んで登録することにしました。

出会った人は全て健全な人でした

私はこの出会い系サイトを通して、数人の人と実際に出会いました。

その人たちは全員世間では立派と言われる職業に就いており、出会い系サイトは怪しいものだというイメージを払しょくできる出会いで、それに伴うトラブルは特にありませんでした。

これはおそらく私自身がメッセージをもらっていかにも怪しいと思う人を、選択肢から外したということもありますし、プロフィールをチェックする時点である程度まともな人かそうでない人かを見分けていたので、大きなトラブルには巻き込まれなかったのだと思います。

実際に交際する相手には出会えませんでした

しかしこの出会い系サイトで出会った男性たちが皆まともな人であっても、最終的には実際に交際して結婚にまでこぎつけられるようなことはありませんでした。

私は健全に出会い系サイトを利用できていたのですが、ちょうどその頃に出会い系サイトを利用した犯罪が多発していることが社会問題になっていたということもあり、今後もしかしたら出会い系サイトで健全な相手を探すのは難しいかもしれないと思ってその出会い系サイトを退会することにしました。